っふぃろらぼ

自己顕示欲を満たす傍ら、ちょっぴり文化興進できたら良いなぁとか夢見るブログ

コラム:「占い」について

f:id:st_lucies:20170822095053p:plain

久しぶりに朝早く起きたので寝ぼけ眼にテレビを点けると星座占いがやってました。もう何年も続いていますよね。

ギリシア神話が空に投影されたり、エジプト神話が空から生み出されたりと、大昔から宇宙や星々というのは神々を描く場になってきました。そして、神(々)が人間を超越した存在であり、人々の運命も神(々)次第であると捉えられている世界では、当然神(々)が人々の行動の規範になっているわけです。

例えば源氏物語の中にも光源氏が方違え(縁起の悪い方角を避けること)をする場面があります。因みに日本の伝統宗教神道+仏教の混合物です。

また、国籍を問わずクリスチャンの方々は毎週日曜の午前に教会に赴きますよね。

ムスリムの方々も日々の礼拝含む五行(礼拝、信仰告白、断食、喜捨、巡礼)を重んじています。

これらは習慣ともいえますが、行動の規範・基準であることにも違いありません。

なぜ宗教が人々の行動の規範たり得るのかといえば、それが倫理観・道徳観を形成しているからです。広辞苑によれば、宗教には「超越的絶対者」が必要不可欠なようですが、実は倫理観・道徳観を生み出す源というものこそが「超越的絶対者」なのです。

即物的に世界を捉えれば、この世に倫理・道徳というものは存在しません。何故なら倫理・道徳の基本要素となる「価値」というものは、人間が事物に後から付加するものだからです。

人間が「価値」を付加する際に基準としている何かがあるのですが、それを生物的本能とするか、実在的超越者とするかの議論はここではやめておきましょう。前者にせよ、人は超越者の存在を想定し、本能的感覚をその超越者に結び付けてきたと考えられましょう。

話が逸れてしまいましたが、つまり、人々の行動の基準となる倫理観・道徳観というものは元来存在するものではなく、人間が想定する形而上的な存在を源として成立するものだということです。

 

前置き長くなっちゃった。

 

さて、占いについてですが

上記の「価値生成の役割」を担うのは今日では主に宗教です。では、その宗教が希薄になっている世界では如何でしょうか。ここでは日本を「宗教が希薄な世界」としますが、そこに至るまでの議論はここでは冗長になってしまうので省きます。いつか書くかもしれません。

文化相対主義や他者理解の概念が支配的になっている西洋的現代社会では、絶対的な「価値」を見出すのが難しくなっています。その是非はさておいて、「価値」を見出せないのは人間にとって大きなストレスとなります。人生や生活に緩急・起伏を感じることができず、無気力につながります。それは「マイナス価値」を感じているからではなく、「プラス価値」も「マイナス価値」も感じることができていないからです。

「宗教が希薄な世界」である日本ではそれはさらに起きやすくなっているといえるでしょう。

そこで活躍するのが占いというわけです。占いには根拠が無いように思えますが、倫理観・道徳観も上述の通り根拠が無いのは同じです。そして、日々占いのコーナーを観ている方々は占いの根拠などいちいち気にしていないはずです。

「信じることから始まるのが宗教」と人気ドラマ・ガリレオでも言っていましたが、占いもそういうことです。

f:id:st_lucies:20170822105914p:plain

(http://galileotv.blog.so-net.ne.jp/2013-04-07-1)

 

言ってしまえば根拠などどうでもよく、ひとまず信じれば毎日の占いはその日の行動の基準を与えてくれるのです。仮に占いの結果が悪かったとしても、それが日々の生活にメリハリをつけ、緩急をつけることに意味があるわけです。

これは何もテレビの占いだけでなく、祭りの縁日や個人稼業としての占いなども同じです。イタコやおみくじもそうです

f:id:st_lucies:20170823160614j:plain    f:id:st_lucies:20170823160838j:plain

 

 

それからそれから。

占い機能はこれだけではありません。そもそも占いを観たり受けたりしたからといってその人が本当にそれに従って行動を決めるかといえば微妙なところです。

その機能を除いても、占いには「世間話の種になる」という機能があります。つまり人々のコミュニケーションを促進するという機能ですね。それだけで人の生活を手助けしているのです。

 

以上、「占い」にはこのような意味があったのです。こうして日常の中にあるものを捉えなおしてみるとすこし世界が新鮮に思えませんか?...うーん、微妙かな?

そうでなくとも、もし読者の方が「宗教」というものを敬遠しているようであれば、「占い」という、より身近なものからその先入観を和らげていただけたらと思います。

 

 

余談ですが、今回のように宗教を、社会との関わりにおけるその機能から捉えるような考え方をイギリス機能主義といいます。非合理的と考えられがちな宗教も、機能主義的に考えれば科学に負けないくらい合理的になります